うんなんスパイスプロジェクトとは

実は雲南市は、唐辛子の一大産地。日本最大級の規模を誇ります。山椒やにんにくの栽培も盛んになってきています。これらのスパイスを地元のこだわり食品 メーカーで製品化しようという取り組みがこのプロジェクトです。粉末をはじめ、調味料やラーメンなどが開発されています。また、大型の唐辛子を雲南地域に 語り継がれているヤマタノオロチ神話になぞらえて「オロチの爪」としてブランド化を図っています。

プロジェクトで生まれた「オロチの爪」とは??

雲南で採れる大型の唐辛子に『オロチの爪』をつけました(商標出願中)!鷹の爪よりも大型の唐辛子につける商標です。鷹よりも大きな八俣のオロチの爪をイメージしています。なんだか強そうですよね。辛さは甘みがありマイルドです。この写真はわたしの小指と比べてみました。青いものは辛味がなくバーベキューに最適です。これから、『オロチの爪』ブランドがどんどん増えたらいいなぁと思っています。この商標を使用できる方は、雲南市農商工連携協議会加入が条件です。雲南市農商工連携協議会では、栽培・生産方法、品種等に一定の決まりを作り、良質な国産唐辛子、山椒、にんにくなどのスパイスのまちを目指したいと思っています。